ニキビ洗顔は1日3回。ぬるま湯か常温水で

ニキビによい洗顔、ニキビにならない洗顔

ニキビで悩む前に正しい洗顔法を始めてみませんか?
  

ニキビの原因はアクネ菌・皮脂

ニキビが起こる原因はアクネ菌です。徹底的にアクネ菌を退治するモチベーションが大事です。アクネ菌を退治するために、洗顔フォームを使えばいいと思っているのではないでしょうか。でも、それだけで、果たして的確な対策だと言えるでしょうか。

みなさんが考える通り洗顔する事はニキビにとって大事なことです。しかし私達が学んでいかなければならないものは、正しいニキビケアです。

ニキビの起こる原因は皮脂

若い人たちのニキビも、大人の人たちのニキビも皮脂が毛穴につまることより起こります。若い人たちは皮脂が多く分泌して皮脂がつまりやすい率が非常に高くなっています。

やっぱりニキビと言えば、若い人たちのシンボルとも言えるのは、若い人たちは皮脂が必要以上に分泌され過ぎてしまっているからです。

自分の顔はてかっている、脂っぽいと言うことは視覚的にもすぐに判るので、すぐ洗顔と言うことは思いつくのかもしれませんが、そのテカリを全部洗顔で取り除くと言うのが危険な発想です。しかし、私達はどうしても用心しなければそのような方向性へついつい行ってしまうものです。

大人の人たちのニキビは乾燥によって起こると言われています。結局、ニキビは乾燥し過ぎても起こると言うことであり、テカリを全部取ってしまうことにニキビの何ら明るい改善法など見付けることができないかもしれないです。

洗顔で注意しなければならないのはここの部分であり、洗顔、洗顔と言うものの、洗顔は最小限にしなければならないのです。しかしそれでも洗顔はとても大事というちょっと矛盾を孕み、これを解消して行く為には、刺激のより少ない洗顔法を選択していかなければなりません。

石鹸、フォーム、化粧水がドラッグストアなどで販売されていますが、まず洗顔し過ぎないことを前提に、一番効果のあるものを調査して行きましょう。方法さへ間違えなければニキビは初期に完治出来ます!

朝の洗顔は軽め。排出された分泌物の除去

ニキビ洗顔については、1日に最適とされる回数の問題から、前準備、後のスキンケアのあり方までいろいろな見方があるようです。「1日3回の洗顔は多すぎる」という意見もありますが、問題は2回か3回かという回数にあるのではなく、洗顔の仕方に注意が必要ということです。洗顔は朝昼晩、それぞれに必要です。通常、朝起きたらだれでも歯を磨いて顔を洗って、仕事や学校に出かけます。朝の肌というのは、就寝中に分泌された成長ホルモンや分泌物が顔面・全身にあらわれていますから、ニキビ対策を別にしても軽い洗顔レベルを無視することはできないはずです。

1日3回の洗顔を問題視する人は、おそらく洗顔に特別な時間をかけすぎる人です。朝はぬるま湯で構わないので、手のひらでお湯をすくって表皮に軽く押しあてるようにしてやさしくお湯を塗布していきましょう。ゴシゴシ擦る必要もなければ、洗顔の前と後にクリームなどを塗布する必要はありません。洗顔後、すぐに外気にさらすことがなければ水分の急激な蒸発もありません。どうしても気になる方は、ビタミンCなど、柑橘系の成分の入った保湿液を、ごく少量、気になるニキビ部位を中心に薄くのばしながら塗布しておきましょう。

昼・夜もぬるま湯。夜だけはほんの少し入念

昼の洗顔は汚れ落としと保湿がメインになります。ぬるま湯か水を使ってください。自然な形での保湿を考えるなら、ぬるま湯よりも水道の常温水です。自宅で弱酸性水を用意できる人は、ペットボトルに入れて出かけ、それを洗顔に使いましょう。洗顔にわざわざ冷水を使う必要はありません。冷水は開いた毛穴を閉じて埃や脂分の侵入を防ぐ目的がありますが、一般で言われているほど効果的ではありません。むしろ真皮層にある血管を収縮させ、血流を悪くする可能性があります。血流を良くしておくことは体内の新陳代謝にもプラスに働きます。「洗顔の基本は冷水ではなく、常温水かぬるま湯が基本」と覚えておいてください。

帰宅後、または就寝前の洗顔は、1日の汚れと日中に分泌された皮脂、ニキビケアをすべて兼ねますので、朝・昼の洗顔とは違って、少し長めの時間をかけましょう。ぬるま湯で、できれば素手ではなくガーゼのような柔らかな生地の布にぬるま湯を浸し、軽く撫でるように顔の全体を洗います。ニキビ箇所は、軽く押し叩くようにして洗い流します。ゴシゴシ擦る必要はありません。

ニキビ洗顔の朝・昼・晩